キャッシングの利用も返済も計画的に

クレカの使いすぎを制御しよう

 

普通、クレカの限度額が使用者がいつも使う額より高く設定していると人は余裕があると思い誤ってむやみにクレカを利用してしまったりするきらいがあるようです。

 

そのようなクレカの使いすぎを制御するためクレジットカードの上限金額を安全のため低めに申請しておこう・・・というお勧めが本文の主題です。

 

限度額を引き下げる方法◎限度額を減らす手順は月の利用限度額の引き上げ方法と同様いたってスムーズです。

 

利用カードの裏側にあるコールセンターにかけて「限度額を減らしてください」とセンターの人へお願いするだけです。
普通ならば今の月の利用限度額より低いのであれば込み入った調査なしで変更が可能となります。
月ごとの限度額を引き下げるのは被害に遭わないようにすることへと結びついている月の限度額の抑制は、自制等の良いことはもちろん防犯にもなります。

 

万が一、使っているクレカが悪意のある人物に勝手に使用されるトラブルでも事前にクレカの月ごとの限度額を少なめに決めておくようにすれば実害を可能な限り最小限にすることが可能だからです。

 

強調しておきたいのは、たとえクレジットカードが悪用されてしまったような状況でも使用者に意図的と言えるような問題と思えるものがなければ、盗難保険というものが契約者を保護してくれるから余計な心配は必要ないですがもしもの時のために、設定が高いならば月ごとの限度額はセーブしておくのも手です。
必要以上の限度額は良くないことにすぎません。

返済シュミレーションを利用しよう

キャッシングを申し込むときに是非利用してもらいたいのがネットなどで見ることができる、借入の返済シュミレーション
です。大体月々の返済額は把握しようとしますが、その返済額の中から元金がいくらなのか、利息がいくらなのか
見ることをしない人が非常に多いです。結果返していく金額はかわらないので見落としがちなところがありますが
最終的に返済したときにこんなにも金利を払い続けていたのかと愕然してしまいます。最近では上限を超えた金利を
取り戻す過払い請求などが簡単な手続きでできてしまいますが、それすら重い腰を上げられずにしない人が多いです。
それならはじめからムダな金利を払い続けることなどしないように、しっかり計画性をもって借入したいところです
ね。はじめにいくら借入をしたいのか、それによる金利はいくらなのかシュミレーションしていきましょう。