キャッシングの利用も返済も計画的に

一人暮らしでお金に困ってしまったこと

ずっと都会で生活したいと思っていた私は、田舎から思い切って飛び出してみました。流行の最先端での暮らしは、さぞ毎日楽しいと考えていたのです。

 

しかし自身の能力不足により、仕事が上手くいきません。転々としていると、徐々に生活が厳しくなってきました。そこにさらなる追い打ちとして、家賃の更新という大きな出費を伴う時期を迎えてしまい、とにかく悩みました。
プロミス、借り方のコツ - 本人確認の方法
そこで私が頼ったのは親でした。一番頼りたくなかった存在なので、非常に悔しかったです。また説教をされると思っていましたが、そのようなことはありませんでした。

 

自身の身の丈を知った私は、現在地元で仕事をしています。もう二度とあんなにお金が無い状況は迎えたくないと考えています。

クレカの使いすぎを制御しよう

 

普通、クレカの限度額が使用者がいつも使う額より高く設定していると人は余裕があると思い誤ってむやみにクレカを利用してしまったりするきらいがあるようです。

 

そのようなクレカの使いすぎを制御するためクレジットカードの上限金額を安全のため低めに申請しておこう・・・というお勧めが本文の主題です。

 

限度額を引き下げる方法◎限度額を減らす手順は月の利用限度額の引き上げ方法と同様いたってスムーズです。

 

利用カードの裏側にあるコールセンターにかけて「限度額を減らしてください」とセンターの人へお願いするだけです。
普通ならば今の月の利用限度額より低いのであれば込み入った調査なしで変更が可能となります。
月ごとの限度額を引き下げるのは被害に遭わないようにすることへと結びついている月の限度額の抑制は、自制等の良いことはもちろん防犯にもなります。

 

万が一、使っているクレカが悪意のある人物に勝手に使用されるトラブルでも事前にクレカの月ごとの限度額を少なめに決めておくようにすれば実害を可能な限り最小限にすることが可能だからです。

 

強調しておきたいのは、たとえクレジットカードが悪用されてしまったような状況でも使用者に意図的と言えるような問題と思えるものがなければ、盗難保険というものが契約者を保護してくれるから余計な心配は必要ないですがもしもの時のために、設定が高いならば月ごとの限度額はセーブしておくのも手です。
必要以上の限度額は良くないことにすぎません。

返済シュミレーションを利用しよう

キャッシングを申し込むときに是非利用してもらいたいのがネットなどで見ることができる、借入の返済シュミレーション
です。大体月々の返済額は把握しようとしますが、その返済額の中から元金がいくらなのか、利息がいくらなのか
見ることをしない人が非常に多いです。結果返していく金額はかわらないので見落としがちなところがありますが
最終的に返済したときにこんなにも金利を払い続けていたのかと愕然してしまいます。最近では上限を超えた金利を
取り戻す過払い請求などが簡単な手続きでできてしまいますが、それすら重い腰を上げられずにしない人が多いです。
それならはじめからムダな金利を払い続けることなどしないように、しっかり計画性をもって借入したいところです
ね。はじめにいくら借入をしたいのか、それによる金利はいくらなのかシュミレーションしていきましょう。

ネットをやるのもお金がないと困る

インターネットをやるために、お金がなくて困りました。光にしてからお金がかかるようになり、毎月の支払いに困ります。月に7000円や8000円もかかるようになり、お得なキャンペーンもお得ではなくなりました。

そんなにネットは使っていないのに、月に8000円もかかると困ります。そうでなくてもお金が無いのに、光を辞めようかなと思う事も度々ありました。もう少し安くならないかなと思ってはいますが、お金がないけどネットはやりたいという欲望もあって困っています。

そんなお金がない時には、携帯を持つのも大変です。光の通信費プラス携帯の基本料と通信費もかかってしまうのです。どちらかにしないとなと迷ってしまいます。

お金がないと、大きなパソコンだと電気代がかかってしまうので困ります。
モビット : 借り方のコツ - 本人確認の方法
オリックスVIPローンカード : 借り方のコツ / 本人確認の方法